猫は気まぐれ!?シッポでわかる猫の気持ち ちゃんと伝わってる?

『猫って、どんな動物?』と聞かれたら何と答えますか?

可愛いのはもちろんの事、猫は気まぐれとイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

はい!とっても気まぐれです(笑)

猫が気まぐれと言われる理由は、リーダーを必要とせず単独行動をとるという本能からです。そのため飼い主に対する忠誠心もありません。「イヤな時はイヤ!」「甘えたいときはスリスリ」はっきりした性格なのです。

こんな経験ありませんか!

  • 一緒に遊んでいたのに飽きたのか・・どこかへ行っちゃう
  • 呼んでも知らんぷり、しっぽで愛想程度にフリフリ
  • 本を読んだりパソコンをしていると邪魔してくる⇐遊んであげてください。
  • 要求があるときは人の周りをウロチョロ、スリスリ⇐お腹が減ったかなw

そんな気まぐれ、マイペースなところが猫の魅力の一つですね。



でも猫だって、ちゃ~んと気持ちを表現しているのです。

☆しっぽ☆で!!!

しっぽでわかる猫の気持ち

  • しっぽを上にピンッと立てている

もともと子猫が母猫に対して甘えたいときや、「ここに居るよ~」と気づいてもらうために見せるカタチです。
嬉しいときや、遊んでよ~。の合図で、かまってほしいのです。ナデナデしてあげましょう。
我が家の【チーズ君】は目を見ながらしっぽピンッ!ニャーと近づいてきた時は100%ご飯の催促です(笑)


  • しっぽを大きくゆっくり振る

ご機嫌でリラックスしているときや安心している時です。
何かを見て「何だろう?」と観察したり「どうしようかな~」と考え事をしているので、そっとしておいてあげましょう。
抱かれている時に大きくゆっくり振るのは「嬉しいなぁ~」と思っているようです。


  • しっぽを素早くパタパタ振る

「落ち着かないなぁ・・」と思っています。
原因がわかる場合は対処してあげましょう。


  • しっぽを左右にブンブン振る

リズムをつけて音がするほどブンブン振るのはイライラの表れです。
構われたくないので知らんぷりして、そっとしておいてあげましょう。
※犬は嬉しいとしっぽを振って気持ちを表すので勘違いしてしまいがちですが、猫は逆なので理解して上手に付き合っていきましょう。


  • しっぽをブワッと膨らませる

驚いた時など、しっぽをを膨らませることで自分を大きく見せようとしています。相手に対して威嚇、攻撃態勢のときなります。


  • しっぽを足の間に巻き込む

ブワッと膨らませるのとは逆に恐怖心を感じているときは、しっぽを足の間に巻き込んで自分を小さく見せようとしています。


  • しっぽをダランと下げる

叱られてしょんぼりしている時にダランと下げていることがあります。
具合が悪いときにも見られますので、叱ってないのにしっぽをダランとして元気がない時は必要に応じて病院を受診しましょう。


  • 寝ているときにしっぽの先だけ小さく動かす

「めんどくさいなぁ~!」寝ているときや、くつろいでいる時に名前を呼ぶと、しっぽの先を小さく動かすことがあります。
気持ちよくくつろいでるのに・・・とりあえず返事だけしておこう!
無視してるわけじゃないのでヨシとしましょう。


ま と め

気まぐれで、何を考えてるのかわからないと言われがちな猫ですが
こんなに感情表現豊かで私たちに伝えてくれているのです。

鳴き方も【寂しいとき】【御飯ちょーだい】の時など違う鳴き方をするので、しっぽと合わせて見ると、よりいっそう猫の気持ちがわかるかも知れませんね。